保険証の手続

組合員は、自分の世帯に異動(家族の一部加入・喪失、住所変更など)があったときは、14日以内に所属の支部へ届出をしなければなりません。いずれの手続においても届出人は、組合員となるため組合員の身元確認書類が必要です。

届出時の注意

  • 事由発生より14日以内に必ず届出ください。届出が遅れると、保険料をさかのぼって支払っていただくことがあります。
  • 住民票等は、国保組合の受付日からさかのぼって3カ月以内の証明日のものに限ります。外国籍の方は国籍、在留資格、在留期間等が記載されたものが必要です。
  • 前期高齢者の方は、高齢受給者証も必要です。
届出内容 届出種類
国保組合に入る 加入申込書
結婚、出産、退職などで家族が増えた 被保険者異動届
就職、結婚、死亡、離婚などで家族が減った
住所が変わった
氏名が変わった
子どもが遠方の学校へ入学して住民票を移した 修学中・遠隔地 該当・非該当届
職人から一人親方になったり、個人事業主になったり、
働き先が変わった
就業実態変更届
法人事業所に常用で勤務する 健康保険適用除外承認の手続
保険証を破損したり、なくした 被保険者異動届
他の支部へ移る 支部移動(転入)届
国保組合をやめる 国民健康保険被保険者資格喪失(脱退)届
生活保護を受けた
高齢受給者証の更新 所得証明書類
23歳以上60歳未満の家族男性が“学生”“障がい者”
“傷病加療により労務不能”
家族保険料区分変更届