交通事故にあったときは、国保組合に連絡を

国保組合に届け出をすれば保険証を使って治療が受けられます

●届け出に必要な書類

  1. 第三者行為による傷病届
  2. 事故発生状況報告書
  3. 交通事故証明書
  4. 念書兼同意書
  5. 確約書など

 
交通事故、傷害など第三者の行為によってけがをした場合でも、国保組合に届け出をすれば、一部の例外を除いて、保険証を使って治療を受けることができます。
ただし、かかった医療費は、被害者に過失がない限り、全額加害者(保険会社)が負担するのが原則となっています。
また、被害者に過失がある場合でも、過失分を除いて加害者(保険会社)が負担します。そのため、医療機関などへ支払った窓口負担分を除く医療費は、あとで国保組合が加害者(保険会社)に請求し、返してもらいます。必ず国保組合へ届け出をしてください。
また、示談をするときも、内容によっては国保組合が加害者に対して医療費の請求ができなくなる場合がありますので、必ず前もって国保組合に連絡してください。加害者不明の場合や自損事故、相手に過失がない場合でも、保険証を使って治療を受けるときは、事前に国保組合への届け出が必要です。
交通事故など第三者の行為によってけがをして、保険証を使って治療を受ける場合は、国保組合 審査課調整係(03-5348-2987)に必ずご連絡ください。