マイナンバーカードが保険証として利用できます

2021(令和3)年10月から
マイナンバーカードが保険証として利用できます

2021(令和3)年10月から医療機関や薬局の窓口で、マイナンバーカードが保険証として利用できるようになりました。利用するには事前に利用登録が必要です。

また、マイナンバーカードが利用できるのは、現在のところ、専用の機器(顔認証付きカードリーダー)を設置している医療機関等に限られ、すべての機関で利用できるわけではありません。このため、マイナンバーカードで医療機関等を受診される場合でも、念のため、保険証とマイナンバーカードの両方をご持参いただくようお願いします。

なお、マイナンバーカードが保険証として利用できるようになっても、今までどおり東京土建国保の保険証は交付します(東京土建国保の保険証が使えなくなることはありません)。

※くわしくは、以下のサイトをご覧ください。
 【厚生労働省】マイナンバーカードの健康保険証利用について