文字の大きさ 小 中 大  
 

脱退の届出

 組合員は任意に脱退することができ、組合員が脱退すると、家族も資格がなくなります。また、次の場合など加入要件を満たさなくなった場合は脱退しなければなりません。

@ 社会保険加入、生活保護適用など国民健康保険の適用除外に該当したとき
A 東京都外に住所を移したとき
※ただし、茨城県、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県、栃木県(栃木市、佐野市、小山市、宇都宮市)に居住している方で、東京都内の事業所に従事している方は脱退する必要はありません。(栃木県にお住まいの方については、加入要件があります)
B 東京土建一般労働組合を脱退したとき
C 建設産業に従事しなくなったとき
必要な書類
共通
  • 国民健康保険被保険者資格喪失(脱退)届
  • 新保険の取得、死亡又は規約外等が確認できる書類
  • 国保組合加入者全員の保険証
    ※前期高齢者がいる場合は、高齢受給者証
    ※保険証や高齢受給者証を紛失した場合は、「紛失届」が必要です。
喪失事由と資格喪失日
喪失の事由 資格喪失日
社会保険加入 社会保険の資格取得日の翌日
生活保護開始 生活保護を開始した日
死亡 死亡した日の翌日
後期高齢者医療広域連合加入
(65歳から74歳の方で障害認定を受けた方)
後期高齢者医療の資格取得日の翌日
規約外 都外への転居 転居した日の翌日又は事業所が都外に移転した日の翌日
法人事業所を退職
(適用除外承認を受けている場合)
厚生年金の資格喪失日(退職日の翌日)
▲PAGETOP