文字の大きさ 小 中 大  
 

■ 健診  〜保険証の下に受診券がついています〜

 国保組合などの医療保険者はメタボリックシンドローム対策として、40歳から74歳の被保険者に「特定健康診査」を実施することが、国によって義務づけられています。
 「特定健康診査」は法律で定められた検査項目が少なく、職業病対策(「胸部レントゲン再読影」)などの建設労働者に対応した内容とはなっていません。
 そのため国保組合では、対象年齢を限定したメタボ対策だけでなく、全組合員と19歳(その年度に19歳になる方)以上の家族を対象に、職業病対策を強化し、事業所健診の検査項目にも対応した「東京土建健診」を実施しています。
 また、組合員および家族で年度中「節目年齢(40歳から70歳までの範囲で5歳刻み)」に該当する方は国保組合補助額を差し引いた金額の負担で「節目健診(人間ドック)」を受けることができます。

健診コースと対象者、自己負担

健診コース 対象者 自己負担
@ 東京土建健診 全組合員※1と2018(平成30)年3月31日までに19歳になる方〜74歳までの家族※1※2 契約機関に保険証と受診券を提出することで、年度に1回無料
A 節目健診
(人間ドック)
@の該当者のうち、2018(平成30)年3月31日までに節目年齢、40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、65歳、70歳の5歳刻みに該当する方 補助額25,000円(人間ドック+脳ドックは50,000円)を差し引いた金額

※1 2017年度(4月1日〜翌年3月31日)中に75歳になる方は、後期高齢者広域連合に移行するまでの期間
※2 2017年度中に組合員が75歳に到達し、後期高齢者広域連合に移行する世帯の方は、組合員の誕生日までの期間

東京土建健診 基本検査項目一覧

 組合員の約2人に1人が“がん”で亡くなっており、大腸がんは肺がんに次いで死亡者数が多くなっています。(2013年度組合員死亡原因調査より)
 このため2015年4月から大腸がんの早期発見を目的に、“便潜血2回法”を検査項目に加えました。(40歳以上の組合員と家族が対象です。自己負担はありません)
 大腸がんは早期発見が大切です。検査は2日分の便の提出が必要です。事前に容器が届きますので、必ず健診時に提出してください。

検査項目 東京土建健診 特定健康診査
身体計測 身長
体重
BMI(肥満度)
腹囲
理学的検査(身体診察)
生理 血圧
心電図
眼底検査
視力  
聴力(1000Hz・4000Hz)  
X線 胸部レントゲン(直接)  
胸部レントゲンの再読影※1  
検査項目 東京土建健診 特定健康診査
生化学 総蛋白  
アルブミン  
クレアチニン  
eGFR(慢性腎臓病)  
尿酸  
尿素窒素  
総コレステロール  
HDLコレステロール
LDLコレステロール
中性脂肪
AST(GOT)
ALT(GPT)
γ-GTP
血糖  
HbA1c
検査項目 東京土建健診 特定健康診査
血液学 赤血球
白血球  
血色素
ヘマトクリット
血小板  
尿 蛋白
潜血  
便 潜血(2回法)※2  
情報提供

□…保険者によって選択する項目
△…医師の判断に基づき実施する項目
▲…医師の判断に基づき(翌年度健診で)実施する項目
※1 胸部レントゲンの再読影とは…
  健診で撮影した40歳以上のレントゲンフィルムから、じん肺の所見の有無を判定するため、専門医を含む複数の医師で、より正確な判断を行うためのものです。
※2 実施できる健診機関については
  健診契約機関一覧でご確認ください。

健診の受診

・東京土建健診
 支部が実施する「支部集団健診」で東京土建健診を受けることができます。日程や申込み方法については、支部にお問い合わせください。
 「支部集団健診」を受けられなかった場合でも、健診契約機関へ個別に申し込み、東京土建健診を受けることができます。個人で健診を受ける場合は、下記の「東京土建健診・節目健診の受け方」をご覧ください。

・節目健診(人間ドック)
 「節目」に該当する方で「節目健診(人間ドック)」を希望される方は、『土建国保ガイド』40ページからの健診契約機関一覧で契約機関名の右側、節目健診欄に「☆」のある健診機関に各自で予約をしたうえで、2018年3月31日までに受診してください。
 「保険証」と「受診券」(保険証についています)を持って受診すると、2万5千円(人間ドック+脳ドックは5万円)を差し引いた金額の負担で受けることができます。

注意
・「節目健診」対象者の方は、「節目健診」または「東京土建健診」のどちらか一方のみの補助となりますので、ご注意ください。
・受診者の都合で検査を受けなかった場合は補助の対象外となります。


◆2017(平成29)年度の節目健診対象者

40歳 1977(昭和52)年4月1日〜1978(昭和53)年3月31日生まれ
45歳 1972(昭和47)年4月1日〜1973(昭和48)年3月31日生まれ
50歳 1967(昭和42)年4月1日〜1968(昭和43)年3月31日生まれ
55歳 1962(昭和37)年4月1日〜1963(昭和38)年3月31日生まれ
60歳 1957(昭和32)年4月1日〜1958(昭和33)年3月31日生まれ
65歳 1952(昭和27)年4月1日〜1953(昭和28)年3月31日生まれ
70歳 1947(昭和22)年4月1日〜1948(昭和23)年3月31日生まれ

受診券の配付 〜受診は4月1日以降に〜

 保険証と一体になった受診券を配付します。切り離さずに保管してください。
※ 受診券の有効期限は2018年3月31日まで、もしくは被保険者資格の喪失日の前日までです。

東京土建健診・節目健診の受け方

【1】予約
 保険証と一体になった受診券が届いたら、『土建国保ガイド』健診契約機関一覧から受診を希望する健診機関を選び、各自で申し込み、2017年4月1日から2018年3月31日までに受診します。必ず東京土建国保に加入していることを伝えてください。

☆健診契約機関で受診できない方はコチラをご覧ください。

【2】問診票の記入
 健診契約機関などから問診票などが送られてきます。(当日健診機関で記入する場合もあります。)問診票はご自分の保険証受診券を見ながら記入してください。また、医師の診断に必要な質問事項が記載されていますので、必ず記入してください。

【3】健診を受診
・東京土建国保組合の保険証と受診券(保険証から切り離さないでください)
・問診票と検査に応じた提出物
・利用者負担額(節目健診のみ)
を必ず持って予約をした健診機関で受診してください。

【4】結果説明(支部集団健診のみ)
 後日、結果説明会が開催される場合があります。ぜひ、参加しましょう。

健診を受けるときは、受診券を切り離さずに健診契約機関に持って行きましょう!

注意

  • 健診を受ける時に、保険証と受診券を必ず健診機関の窓口に提出してください。受診券を利用することで、3月31日までの間に1回は自己負担なしで基本健診が受けられます。
  • 健診時のオプション検査は対象となる年齢によって、補助があるものとないものがあります。詳しくはコチラをご覧ください。
  • 『節目健診』の対象者は、「節目健診」または「東京土建健診」のどちらか一方の受診となります。
  • 受診券を紛失した場合は、所属の支部へ申し出て再発行の申請をしてください。

集団健診と歯科健診の同時実施

 国保組合が歯科健診センターと契約する歯科医院に依頼し、支部集団健診と歯科健診が同時実施できるようになりました。実施は年度内2回を上限とします。実施希望される場合には国保組合・健康増進課に連絡をお願いします。

▲PAGETOP