文字の大きさ 小 中 大  
 

■ 特定保健指導とは

 国保組合などの医療保険者にはメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策として、「特定健康診査」および「特定保健指導」を4月1日時点で国保組合に加入する40歳から74歳の被保険者に実施することが、国によって義務づけられています。
 特定保健指導とは、内臓脂肪の蓄積のある方に対して、将来起こる可能性がある心臓や脳の病気を予防するために生活習慣の改善を個別に支援していくものです。

特定保健指導対象者の選び方

 東京土建健診(特定健康診査の内容を含む)や質問票の結果から、下図のステップに従い、生活習慣病発生のリスク(高血圧、脂質異常、高血糖、喫煙など)に応じて、「動機づけ支援」または「積極的支援」に分けられます。
 保健指導の内容は医師、保健師、管理栄養士などとの面接で、生活の状況をお尋ねし、食事や運動習慣の見直し・改善目標の設定を行い、6カ月間継続的にとりくむというものです。
 対象となった方には、国保組合・支部または東京土建健診を受診した契約機関または事業者から連絡がありますので、ぜひ利用してください。なお、面接に要する費用の自己負担はありません。

国保組合が行う特定保健指導は、次の3つの方法のいずれかで受けることができます。

@ 国保組合から対象者に届く通知に同封されている申込書を国保組合へ返信して、実施機関で受ける
A 支部集団健診の後日に開催される結果説明会で保健指導を同時実施する場合に支部へ申し込む
B 支部主催の保健指導が開催される場合に支部へ申し込む

保健指導対象者の選び方

 

糖尿病等重症化予防対策

 糖尿病性腎症等で通院されているうち、重症化するリスクが高い方に対して、重症化を予防する保健指導を実施します。対象の方には、国保組合から通知させていただきます。

糖尿病予防サポートプラン

 健診の結果、血糖の状態が一定基準以上で、腹囲・BMI(体格指数)では特定保健指導に該当しない方に対して個別にサポートします。対象の方には国保組合から通知させていただきますので、ぜひご利用ください。
 なお、サポートプランに要する費用の負担はありません。

 
▲PAGETOP