健診・節目健診

健診  ~保険証の下に受診券がついています~

国保組合などの医療保険者はメタボリックシンドローム対策として、40歳から74歳の被保険者に「特定健康診査」を実施することが、国によって義務づけられています。
「特定健康診査」は法律で定められた検査項目が少なく、職業病対策(「胸部レントゲン再読影」)などの建設労働者に対応した内容とはなっていません。
そのため国保組合では、対象年齢を限定したメタボ対策だけでなく、全組合員と19歳(その年度に19歳になる方)以上の家族を対象に、職業病対策を強化し、事業所健診の検査項目にも対応した「東京土建健診」を実施しています。
また、組合員および家族で年度中「節目年齢(40歳から70歳までの範囲で5歳刻み)」に該当する方は国保組合補助額を差し引いた金額の負担で「節目健診(人間ドック)」を受けることができます。

健診コースと対象者、自己負担

健診コース 対象者 自己負担
東京土建健診 全組合員※1と2019(平成31)年3月31日までに19歳になる方~74歳までの家族※1※2 契約機関に保険証と受診券を提出することで、年度に1回無料
節目健診
(人間ドック)
①の該当者のうち、2019(平成31)年3月31日までに節目年齢、40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、65歳、70歳の5歳刻みに該当する方 補助額25,000円(人間ドック+脳ドックは50,000円)を差し引いた金額

※1 2018年度(4月1日~翌年3月31日)中に75歳になる方は、後期高齢者広域連合に移行するまでの期間
※2 2018年度中に組合員が75歳に到達し、後期高齢者広域連合に移行する世帯の方は、組合員の誕生日までの期間

東京土建健診 基本検査項目一覧

組合員の約2人に1人が“がん”で亡くなっており、大腸がんは肺がんに次いで死亡者数が多くなっています。(2013年度組合員死亡原因調査より)
このため2015年4月から大腸がんの早期発見を目的に、“便潜血2回法”を検査項目に加えました。(40歳以上の組合員と家族が対象です。自己負担はありません)
大腸がんは早期発見が大切です。検査は2日分の便の提出が必要です。事前に容器が届きますので、必ず健診時に提出してください。

検査項目 東京土建健診 特定健康診査
身体計測 身長
体重
BMI(肥満度)
腹囲
理学的検査(身体診察)
生理 血圧
心電図
眼底検査
視力
聴力(1000Hz・4000Hz)
X線 胸部レントゲン(直接)
胸部レントゲンの再読影※1
検査項目 東京土建健診 特定健康診査
生化学 総蛋白
アルブミン
クレアチニン
eGFR(慢性腎臓病)
尿酸
尿素窒素
総コレステロール
HDLコレステロール
LDLコレステロール
中性脂肪
AST(GOT)
ALT(GPT)
γ-GTP
血糖
HbA1c
検査項目 東京土建健診 特定健康診査
血液学 赤血球
白血球
血色素
ヘマトクリット
血小板
尿 蛋白
潜血
便 潜血(2回法)※2
情報提供

□…保険者によって選択する項目
△…医師の判断に基づき実施する項目
▲…医師の判断に基づき(翌年度健診で)実施する項目

※1 胸部レントゲンの再読影とは…
健診で撮影した40歳以上のレントゲンフィルムから、じん肺の所見の有無を判定するため、専門医を含む複数の医師で、より正確な判断を行うためのものです。
※2 実施できる健診機関については健診契約機関一覧でご確認ください。

健診の受診

・東京土建健診
支部が実施する「支部集団健診」で東京土建健診を受けることができます。日程や申込み方法については、支部にお問い合わせください。
「支部集団健診」を受けられなかった場合でも、健診契約機関へ個別に申し込み、東京土建健診を受けることができます。個人で健診を受ける場合は、下記の「東京土建健診・節目健診の受け方」をご覧ください。

・節目健診(人間ドック)
「節目」に該当する方で「節目健診(人間ドック)」を希望される方は、『土建国保ガイド』38ページからの健診契約機関一覧で契約機関名の右側、節目健診欄に「☆」のある健診機関に各自で予約をしたうえで、2019年3月31日までに受診してください。
「保険証」と「受診券」(保険証についています)を持って受診すると、2万5千円(人間ドック+脳ドックは5万円)を差し引いた金額の負担で受けることができます。

注意

  • 「節目健診」対象者の方は、「節目健診」または「東京土建健診」のどちらか一方のみの補助となりますので、ご注意ください。
  • 受診者の都合で検査を受けなかった場合は補助の対象外となります。

2018(平成30)年度の節目健診対象者

40歳 1978(昭和53)年4月1日~1979(昭和54)年3月31日生まれ
45歳 1973(昭和48)年4月1日~1974(昭和49)年3月31日生まれ
50歳 1968(昭和43)年4月1日~1969(昭和44)年3月31日生まれ
55歳 1963(昭和38)年4月1日~1964(昭和39)年3月31日生まれ
60歳 1958(昭和33)年4月1日~1959(昭和34)年3月31日生まれ
65歳 1953(昭和28)年4月1日~1954(昭和29)年3月31日生まれ
70歳 1948(昭和23)年4月1日~1949(昭和24)年3月31日生まれ

受診券の配付 ~受診は4月1日以降に~

保険証と一体になった受診券を配付します。切り離さずに保管してください。
※ 受診券の有効期限は2019年3月31日まで、もしくは被保険者資格の喪失日の前日までです。

東京土建健診・節目健診の受け方

【1】予約
保険証と一体になった受診券が届いたら、『土建国保ガイド』や健診契約機関一覧から受診を希望する健診機関を選び、各自で申し込み、2018年4月1日から2019年3月31日までに受診します。必ず東京土建国保に加入していることを伝えてください。

☆健診契約機関で受診できない方はコチラをご覧ください。

【2】問診票の記入
 健診契約機関から問診票などが送られてきます。(当日健診機関で記入する場合もあります。)問診票はご自分の保険証や受診券を見ながら記入してください。また、医師の診断に必要な質問事項が記載されていますので、必ず記入してください。

【3】健診を受診
・東京土建国保組合の保険証と受診券(保険証から切り離さないでください)
・受診券は、裏面の記載事項をご確認のうえ、個人情報の取扱いについての同意欄にチェックをお願いします。
・問診票と検査に応じた提出物
・利用者負担額(節目健診のみ)
を必ず持って予約をした健診機関で受診してください。

【4】結果説明(支部集団健診のみ)
 後日、結果説明会が開催される場合があります。ぜひ、参加しましょう。

健診を受けるときは、受診券を切り離さずに健診契約機関に持って行きましょう!

注意

  • 健診を受ける時に、保険証と受診券を必ず健診機関の窓口に提出してください。受診券を利用することで、3月31日までの間に1回は基本健診費用が無料になります。
  • 健診時のオプション検査は対象となる年齢によって、補助のあるものとないものがあります。詳しくはコチラをご覧ください。
  • 『節目健診』の対象者は、「節目健診」または「東京土建健診」のどちらか一方の受診となります。
  • 受診券を紛失した場合は、所属の支部へ申し出て再発行の申請をしてください。

集団健診と歯科健診の同時実施

国保組合が(株)歯科健診センターと契約する歯科医院に依頼し、支部集団健診と歯科健診が同時実施できます。実施を希望される場合には国保組合・健康増進課に連絡をお願いします。

個別健康サポート(特定保健指導とは)

 国保組合などの医療保険者にはメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策として、「特定健康診査」および「特定保健指導」を、4月1日時点で国保組合に加入する40歳から74歳の被保険者に実施することが、国によって義務づけられています。
 特定保健指導とは、内臓脂肪の蓄積のある方に対して、将来起こる可能性がある心臓や脳の病気を予防するために、生活習慣の改善を個別に支援していくものです。

対象者の選び方

 東京土建健診(特定健康診査の内容を含む)や質問票の結果から、下図のステップに従い、生活習慣病発生のリスク(高血圧、脂質異常、高血糖、喫煙など)に応じて、「動機づけ支援」または「積極的支援」に分けられます。
 サポートの内容は医師、保健師、管理栄養士などとの面接で、生活の状況をお尋ねし、食事や運動習慣の見直し・改善目標の設定を行い、6カ月間継続的にとりくむというものです。
 対象となった方には、東京土建健診を受診した契約機関または事業者から連絡がありますので、ぜひ利用してください。なお、面接に要する費用の自己負担は無料です。

国保組合が行う個別健康サポートは、次の3つの方法のいずれかで受けることができます。

  1. 国保組合から対象者に届く通知に同封されている申込書を国保組合へ返信して、実施機関で受ける
  2. 支部集団健診の後日に開催される結果説明会で保健指導を同時実施する場合に支部へ申し込む
  3. 支部主催の保健指導が開催される場合に支部へ申し込む
    ※ 個別健康サポートを利用し、終了した方に国保組合からギフトカード(3,000円)を進呈します。

糖尿病等重症化予防対策

糖尿病性腎症等で通院されているうち、重症化するリスクが高い方に対して、重症化を予防する保健指導を実施します。対象の方には、国保組合をから通知をさせていただきます。

糖尿病予防サポートプラン

健診の結果、血糖の状態が一定基準以上で、腹囲・BMI(体格指数)では特定保健指導に該当しない方に対して個別にサポートします。対象の方には国保組合から通知をさせていただきますので、ぜひご利用ください。
なお、糖尿病予防サポートプランに要する費用の負担はありません。

健康診査時のオプション検診

がん検査(補助あり)

東京土建国保では、40歳以上を対象に2015年4月から始まった「大腸がん検査」に引き続き、2016年4月から、さらなる「がん対策」として、東京土建健診と同時に行う「がん検査(胃・乳・子宮・前立腺)」に、一部補助を実施しています。この検査を対象となる年齢の方が受ける場合、下表の負担金額で受けられます。
この「がん検査」の費用の一部を補助する制度は、健診契約機関と順次契約を進めていますが、全ての健診契約機関で受けられるものではありませんので、ご注意ください。取り扱いが可能な健診契約機関の最新情報は、国保組合ホームページでお知らせしています。

検査名 対象年齢 検査方法 利用者負担
胃がん 50歳以上 胃レントゲン(間接) 2,000円
胃レントゲン(直接) 3,000円
胃カメラ 5,000円
乳がん 40歳以上 マンモグラフィ 1,000円
視触診+マンモグラフィ
子宮がん 20歳以上 内診+子宮頸部細胞診 500円
前立腺がん 50歳以上 PSA(腫瘍マーカー) 500円

補助が受けられる健診機関は、『土建国保ガイド』38ページから始まる「健診契約機関一覧」でお知らせしています。

オプション検査(補助なし)

『土建国保ガイド』38ページからの健診契約機関一覧の「オプション検査(補助なし)」欄に「略称」が記載してある機関で、東京土建健診と同時に該当する検査を受けることができます。負担額は、めやすです。予約する際に、料金などを確認してから申し込んでください。
なお、オプション検査費用は、すべて自己負担となります。

検査名 略称 検査方法等 負担額のめやす
胃がん 胃(間) 胃レントゲン(間接) 4,000円
胃(直) 胃レントゲン(直接) 7,000円
胃・内 内視鏡 10,000円
乳がん ※ 乳(マンモ) マンモグラフィー 4,000円
乳・超 超音波 3,500円
大腸がん 便潜血2回法 1,000円
前立腺がん PSA 1,500円
子宮がん 子宮頚部細胞診 3,000円
腹部がん 超音波 3,000円
じん肺 肺機能検査 2,000円
有機溶剤 尿検査 試薬1種類につき
3,000円
骨密度 DXA法またはSXA法 2,000円
MD法またはDIP法 1,500円
QUS法 1,000円

  • オプション検査は、健診と同時に行った場合のみ受けることができます。単独では受けられませんので、ご注意ください。
  • がん健診は、お住まいの市区町村でも実施している場合があります。検査項目・対象年齢・費用などが各市区町村ごとに異なりますので、くわしくはお住まいの役所にお問い合わせください。
国の指針では、40代後半から乳がんの発症率が高くなることから、40歳以上の女性に対してマンモグラフィー検査を推奨しています。また、マンモグラフィー検査は、乳腺密度の高い若年層(20代~30代)の場合、診断精度が低下するとされています。